喉の痛み.com TOP 》 喉の痛みとは 喉の痛みの注意点

喉の痛みの注意点

喉に炎症が生じ、痛みが起こった時に注意しなければならないのは、それが必ずしも、風邪からくるものとは限らないということです。喉の痛み=風邪というイメージが強いですが、風邪による喉の痛みだと思って、医療機関で検査してもらったら、そうではなく、別の病気からきているものだった、ということも少なくありません。

喉に痛みがあらわれる病気には、さまざまなものがありますが、その中には、原因がはっきりとは解明されていない亜急性甲状腺炎があります。これは、風邪に似た、喉の痛みや発熱などがあらわれますので、風邪と誤解してしまう可能性があります。ただ、数週間から数ヶ月で自然治癒するので、それほど気にすることはないようです。

また、最も怖いのは、ガンが原因で喉の痛みが起こっている場合です。悪性リンパ腫というガンがありますが、このガンは、首にある頚部リンパ節と、喉にある口蓋扁桃によく発生します。しかし、初期の段階だと喉に痛みが起こる扁桃肥大症、扁桃炎などと症状がほとんど変わらないので、発見するのが難しい病気と言われています。

その他には、中咽頭ガンもあります。口を大きく開くと喉の奥が見えます。この部分を中咽頭と言い、ここに発生するガンになります。中咽頭に発生する、がんの半分以上は、口蓋扁桃に発生すると言われていますが、初期の頃は、そんなに痛みがありませんので、喉に痛みが出てから検査をしても、かなり進行していることが多いと言われています。

このように、喉の痛みは、さまざまなことが原因で起こりえます。風邪だと軽く思っていると、実は違う病気で、症状が悪化し、大変なことになってしまう、ということにもなりかねません。ですので、安易な喉の痛み=風邪という考えをまずなくすようにしましょう。



喉の痛みとは


三軒茶屋の歯医者
インプラント・ホワイトニング・抜歯・差し歯なら『コイズミデンタルオフィス』

事務服 オーバーブラウス
事務服のオーバーブラウスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!