喉の痛み.com TOP 》 喉の痛みとは 子供の喉の痛み

子供の喉の痛み

小さい子供は喉が腫れて、熱を出しやすいという子も多いかと思います。ただの風邪という場合が多いと思いますが、3か月から3歳頃までの子供が喉の痛みで微熱、鼻水の風邪のような病気で、喉の炎症が原因のひとつに「グループ」と呼ばれるものがあります。

グループはウイルスによる喉の炎症で、様々なウイルスが原因になります。代表的な原因ウイルスは「パラインフルエンザウイルス」というものになります。風邪と同じで、咳などで空気中に飛び出したウイルスを他の子供が吸い込むことで発病します。

グループは最初に喉の痛み、微熱、鼻水など風邪の症状が出て、その後に咳が強くなっていきます。咳の後に犬が鳴くような独特の甲高い声が出ます。これは喉がむくんで腫れているために、空気の通りが悪くなったのが原因になります。

グループの症状は夜に強く出て、朝になると少し良くなることが多いですが、次の夜にはまた強くなります。熱は高熱が出たり出なかったりで、喉が腫れるので声が枯れたようになります。喉の腫れがひどくなると空気が通らなくなって、呼吸困難を起こすこともあります。

喘息や細気管支炎は息を吐くときに「ぜいぜい」「ひゅーひゅー」と喘鳴(ぜんめい)が起こりますが、クループでは息を吸うときにひゅーひゅー音がするのが大きな特徴です。しかし、家庭での判断は難しいかもしれません。息が苦しそうであれば病院で診察を受けましょう。

家では安静にさせ、水分を十分摂らせ、乾燥を防ぎ、咳を出にくくするために加湿器などで部屋を加湿しましょう。また、喉の痛みがある場合は通常の食事が食べにくくなったりするので、そのような場合子供にはアイスやゼリー、スープなど、口当たりがよくて食べやすいものを子供にあげるようにしましょう。



喉の痛みとは


ポスティングhttp://www.prograce.net/

ハウスクリーニング 岐阜
ハウスクリーニングを岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

スクラブ ナース
スクラブのナースなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!