喉の痛み.com TOP 》 喉の痛みとは 嚥下痛

嚥下痛

嚥下痛(えんげつう)とは特に喉に非常に強い痛みを感じる、そして食事ができない場合の痛みになります。物を飲み込んだときの焼け付くような、締め付けられるような強い痛みが特徴になります。

嚥下痛の原因には、

■粘膜の炎症(化学刺激など)
■食道の筋肉に関する問題
■細菌、ウイルス、または真菌の感染
■腫瘍
■異物(魚・鳥肉の骨など)
■食道痙攣

などが考えられます。

嚥下痛に限らず、小さい子で喉が痛くて食べれないということを訴える場合は、口腔内や舌の炎症という可能性も考えられます。嚥下痛になると食べ物が食べづらくなるので、おかゆやスープ、ゼリーなど喉の通りがいいものを食べるようにしましょう。症状が比較的軽い場合にはゆっくりと食事をし、食べ物をよく噛むなどで対処します。

嚥下痛が激しく、長い間ご飯を食べることが出来ないというような状態になると痩せてきたりすることもあります。このような場合は、食道にほかの疾患を抱えていることも考えられます。

喉の痛みというのは日常で時々起こる症状で、放っておくと自然に治ることも多いことから安易に対処されがちになっていますが、痛みがいつまでも続くという場合は病気ということもありますので注意が必要になります。

熱がない場合でも、炎症がかなりひどい場合などもあります。いつまでも様子を見ていては危険な病気もありますので痛み、または灼熱感がなかなか消えない場合にはすぐに医師の診断を受けるようにしましょう。



喉の痛みとは


筆耕 卒業証書
筆耕の卒業証書なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!

白衣 販売
白衣の販売なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!