喉の痛み.com TOP 》 喉の痛みとは 咽頭痛

咽頭痛

咽頭痛は、特に5歳から10歳までの子供の場合にはよく見られる症状です。ももを除去しても必ずしも発症頻度が減るとは限らないことがわかってきたため、以前と比べると扁桃摘出術は行われなくなってきました。

咽頭痛はウイルス、または細菌のいずれかによって引き起こされることがありますが、原因の大半はウイルスによるものなのですべての咽頭痛に対して抗生物質類(ウイルスを取り除くことはできず、また高価である場合があります)による治療を行うことは、不必要に抗生物質類の副作用の危険があります。

連鎖球菌による咽頭炎はリウマチ熱に繋がることがよくあるため、注意が必要になります。連鎖球菌は抗生物質類で治療できます。連鎖球菌性咽頭炎では発熱(38・3度以上)、喉に白い斑点が出たり、首のリンパ腺が腫れたり、触れると痛んだり、子供の場合は頭痛と胃の痛みがあるなどの症状が現れます。

リウマチ熱は、3歳未満の子供と大人では極めて稀になります。咽頭痛を治してくれる一番の薬は時間でしょう。ウイルスが原因で起こる咽頭痛の場合は時間が経つと自然に治ります。

しかし咽頭痛の痛みがひどく食べ物なども食べにくい場合は、冷たい飲み物やアイスを食べると痛みが和らぎますのでこれらを食べるようにしましょう。薬を飲んでも効果がありますが、15歳未満の場合はライ症候群になる可能性があるので、アスピリンは服用しないようにしてください。

その場合は薬は飲まずにうがいをきちんとしたり、レモンティーなどの紅茶を飲むことで喉の痛みが和らぐ可能性があります。連鎖球菌性咽頭炎だと、のど飴などは逆効果になってしまうので注意するようにしてください。



喉の痛みとは


http://www.amharcalainn.com/
http://www.amharcalainn.com/

マクロファージ 活性化
http://store.shopping.yahoo.co.jp/nourinn/macro1.html

ブラジリアンワックス
ブラジリアンワックスなら安心の日本製、専門サロンの無添加ワックスで!