喉の痛み.com TOP 》 のどの構造 咽頭炎

咽頭炎

喉頭炎は、細菌などが喉頭に感染することによって起こる炎症のことを言います。喉頭は気管と食道の境目にあり、発声、呼吸、気道への飲食物の侵入を防ぐ重要な働きをしています。

鼻腔や口腔の奥にある管状の部分となる咽頭には、咽頭扁桃(へんとう)や口蓋(こうがい)扁桃、口蓋垂(こうがいすい) などがあります。咽頭炎とは咽頭に炎症が起きている症状で、風邪の場合が多いですが、ホコリやタバコ、お酒などが咽頭を刺激して喉の痛みを起こす場合があります。

咽頭炎には大きく、急性咽頭炎(きゅうせいいんとうえん)、慢性咽頭炎(まんせいいんとうえん)、咽頭特殊感染症(いんとうとくしゅかんせんしょう)など様々なものがあります。

急性咽頭炎では、発熱、咽頭痛、咳、痰などを訴え、口を開けると咽頭が赤く見えます。慢性咽頭炎は、過度の飲酒、喫煙、炎症の慢性化などによって起こり、痛みを訴えることはなく、むしろ咽頭異物感あるいは違和感に悩まされます。

急性咽頭炎の場合は主に風邪の細菌やウイルスが原因であることが多いですが、慢性咽頭炎では急性咽頭炎を何度も繰り返すことが原因であったり、喫煙などが原因になったりすることもあります。喫煙が原因と考えられる場合はタバコの本数を減らすようにしましょう。

治療は原因となる疾患、例えば慢性鼻炎、副鼻腔炎などの除去に努め、慢性の場合抗生物質は使わず、もっぱら吸入、うがいなどの局所治療を行います。刺激のある食べ物を食べると喉の炎症がひどくなる可能性があるので、辛いものなどは控えるようにしてください。



喉に関連する病気