喉の痛み.com TOP 》 喉に関連する病気 胃食道逆流症

胃食道逆流症

胃食道逆流症というのは、名前からも想像出来る通り、胃の内容物が逆流してくる病気です。胃酸や内容物が食道内を逆流してきますので、胸やけ、燕下痛、それから、のどの痛み、声がかれる、咳が出るなどの症状が起こります。この症状が耳や咽頭にまで障害を及ぼすようになると、胃食道逆流症ではなくて、咽喉頭逆流症という病気になります。

あまり聞き慣れない病気かもしれないですが、最近では、これらの疾患にかかる方が増えてきているようです。胃食道逆流症や咽喉頭逆流症は、生活習慣の乱れが重なって発症することが多いと言われていますので、予防するためには、肥満になることを防いだりして、規則正しい生活を行うことが大切になります。

また、逆流しやすいと言われている食品も避けることをおすすめします。脂肪分の多い食べ物や炭酸飲料、チョコレートなどの食品は、逆流しやすいと言われていますので、避けるようにして下さい。食べ過ぎや夜食なども良くありません。

さらに日頃の姿勢や服装にも気をつけたほうが良いでしょう。お腹を圧迫するような姿勢や服装は、逆流を誘発してしまいますので、お腹まわりがゆったりする姿勢や服を選ぶようにしましょう。

胃食道逆流症や咽喉頭逆流症には、以上のような、予防方法がありますが、あくまで予防ですので、治療したい場合には、是非お近くの病院できちんと診察をしてもらい、治療を受けるようにして下さい。



喉に関連する病気