喉の痛み.com TOP 》 民間療法 お茶でうがい

お茶でうがい

喉の痛みを感じた時にはうがいが最も手軽で効果的です。うがいは喉の粘膜に付いたウイルスを洗い流す効果が期待できます。またうがいをすると、1時間くらいは口腔内の細菌数が減っていることが医学的に証明されています。

水でも構いませんが、お茶でうがいするとなお効果的です。お茶に含まれているカテキンには強い殺菌作用が含まれています。それだけでなく、ビタミンCも豊富に含まれているので粘膜の修復効果も期待できます。

うがいをするときは、1度目は口の中をぐちゅぐちゅと濯ぐようにしてください。まず口の中の埃や菌などを流す必要があるので、1度目はうがいはせずに、「くちゅくちゅ」だけで済ますようにしてください。その後2回目で「あ〜」と声を出すような感じでうがいをすると効果的と言われています。

特に「緑茶」はビタミンCも含まれているので一番効果が期待されますが、紅茶やウーロン茶などの中国茶でも効果があります。紅茶はお茶を発酵させたものなので、カテキンの量がさらに豊富になります。紅茶がある場合は紅茶でうがいをするようにしましょう。

その他には、ぬるま湯や塩水でうがいをするのもいいと言われています。塩を用いると少し痛みが出ますが、喉にはいいといわれているので試してみるといいでしょう。

塩を用いた場合は鼻から吸いこんで口から出す、鼻うがいもいいといわれています。慣れない間はうまく出来ないかもしれないですが、鼻うがいは鼻に入っている菌なども洗い流す効果もあるので効果的です。



民間療法


ナースサンダル
ナースサンダルならe-UNIFORMで購入しましょう