喉の痛み.com TOP 》 民間療法 声枯れ

声枯れ

嗄声(声枯れ)とは、声帯の障害で起きる症状です。声枯れの原因は、喉の使い過ぎによるものがほとんどになります。

子供では大声を出しすぎによる声枯れや風邪を引いたときに起こり、大人では風邪以外にもカラオケ、タバコ、アルコールなどが原因で声枯れになることがあります。

一時的に起こる声枯れは急性炎症によるもので、声を使わずに静かにしていれば治ります。症状は数日すれば収まるので、治療なども特に必要ありませんが、風邪を引いた様子もないのに嗄声が続くようなら耳鼻咽喉科的な検査が必要になります。

風邪が原因となっている声枯れであれば風邪の症状がよくなってくると同時に声枯れも治ってくるので、まずは風邪を治すことが大切になります。症状がひどい場合は抗生物質を飲んだり、咳止めや痰除去剤を処方してもらうことになりますが、声をあまり出さないようにして安静にしておくことが一番の治療法と言えるでしょう。

また、声枯れによって急性咽頭炎、声帯ポリープ、喉頭がん、声帯結節、反回神経麻痺、心因性失声症などの病気も考えられます。あまりにもひどく、長引くようならば早めに医師の診断を受けることをお勧めします。

また声枯れが慢性化してしまうと治らなくなってしまうこともあるので、出来るだけ喉に負担をかけないようにしてください。風邪などの物質的なことが原因ではなく、精神的な面から声が枯れてしまうということもあります。

強いショックが起こったことが原因で、本当はしゃべる事が出来るのに声が出なくなってしまうこともあります。これらの症状は子供に多いですが、そのような場合は原因を解決してあげる必要があります。



民間療法