喉の痛み.com TOP 》 痛みの原因 痛みの治療

痛みの治療

喉、または全ての痛みに言えることですが、医者などの他の人に、その痛みを適切に治療してもらうためには、その痛み自体を知るのと同様に、適切に症状などを伝えることが大切になります。ですので、痛みを伝えるポイントを知っておくようにしましょう。そこで、以下に痛みを伝えるポイントを紹介させて頂きますので、参考にでもしてみて下さい。

●場所を特定する
痛みがある部位を言葉だけでなく、指などで示すことも大切です。たくさんある病気や症状の中から、考えられる病気を特定するのは、医師でもとても難しいですので、喉が痛いというような表現だけでは伝わりません。ですから、喉が痛くて、特にこの部分が痛いということを伝えるようにしましょう。

●いつから痛みがあるか
痛みがいつから起こったかということを覚えておくようにして下さい。その痛みが病気によるものならば、進行状況とかを把握してもらい、その上で治療の判断をしてもらう必要がありますので、いつから痛みだしたかということを医師にきちんと伝えるようにしましょう。

●痛みの状態
痛みの状態を伝えることも大切です。押すと痛みが出るのか、何もしてなくても痛みが起こるのかということです。どのような場合に痛みが出るのかを具体的に伝えましょう。

●痛み方
痛み方を表現することも大切です。ズキズキ痛む、ヒリヒリする、キリキリ痛むなど、痛み方にもいろいろな表現の仕方がありますので、そのように痛み方を伝えると、医師はその性質をつかみやすくなるようです。

喉の痛みで病院に行く際には、上記のことなどをきちんと医師に伝えるようにしましょう。



痛みの原因


http://www.rearlive.co.jp/trunkroom/
大阪市のトランクルーム

使用用途について
使用用途