ドローン撮影での空撮シーン例はこんなにもある

近年突然需要を伸ばしているドローン空撮はさまざまなニーズに応えられるほどに自由度の高いものとなっています。そんな空撮、搭載機材によってはさまざまな可能性があり、利用シーンも幅広いものとなっています。

ドローンはさまざまな用途に利用されている

動画制作 埼玉,ドローン撮影 東京

ドローンによる撮影シーンは多く、そしてドローンのもともと多かった用途は産業の面での災害時の活用、測定、点検などに用いられています。
それがどんどん利用方法が広がって撮影をメインに利用したり、また時には個人の趣味として利用されるなどさまざまなシーンでの活用が見られるようになっています。
ドローンはその積載量が多ければ多い程にさまざまなものを搭載できますので、それによって用途が非常に広くなるものとなっています。
そこに搭載できるものは普通のデジカメだけではなく、赤外線カメラなど特殊な用途のカメラも搭載が可能、そのため産業の現場でも役立つものとしてドローンは利用されています。
使用するカメラによって特化するものは異なり、点検用のカメラもあれば広範囲しっかり映すことができるカメラもあります。
撮影機材はさまざま、そしてその撮影機材を搭載して安定した飛行ができるドローンがプロフェッショナルに愛されている、そんな傾向があります。
勿論中にはそのドローンでは入れない隙間もありますので、そのときは別の小さな機体のドローンを使用しますが、そうしてツールを変えることによりドローン撮影シーンはより広がるようになっています。
撮影は基本的に人間の視点でいままで行われてきましたが、近年ドローンを利用することにより、変化に富んだ映像の撮影に対応できるようになっています。
また空撮におけるコストもドローンを利用することにより大幅に軽減、そのためいままでなかなか空撮を盛り込みたくても盛り込めなかった観光地PR、竣工記念動画、記録映像などに空撮を安価で取り入れられるようになっています。
ドローン空撮を利用した方法での映像作成はヘリコプターでの空撮とまた異なり、より迫力があり、また低空飛行や高度を上げての飛行も自由自在、いままでほしかったけれどなかなか撮影にいたることができなかったようなシーンの撮影を実現しています。

観光、PR……動画撮影に欠かせないドローン空撮

動画制作 埼玉,ドローン撮影 東京

さまざまなシーンに利用されているドローン空撮は企業PR動画は勿論観光地PR、また不動産のシーンでも利用されやすくなっており、竣工記念動画記念映像の撮影、また不動産の点検にも役立てられています。
大型ドローンではよりハイスペックなカメラと大型ジンバルの搭載が可能になっているのでハイクオリティな空撮が可能、それで撮影された映像は企業のPR、学校の記念写真、観光地の広大な自然をより美しく、景色をより臨場感ある状態で収めることが可能なので人の目を惹き、楽しませるような映像作りが可能となっています。
また竣工記念動画として病院など大型施設の空撮も受け付けられており、建設が完了した真新しい美しい建物を、360度さまざまな視点から撮影可能としています。
地上から見る光景とはまた違う感動的な映像はより竣工の達成感を感じられる、そんな動画を作り出すのに役立ちます。
またこうした空撮は屋外だけのものではなく、屋内でも活用されているものとなっており、内装にこだわられた空間を静かにドローンで飛行、無人のその空間を撮影することが可能です。
そうした撮影はより建物内を強調できる撮影、また大きなコンサート会場などの場合広いホールを段々ドローンで上昇、美しく飾られた天井まで近付くことが可能です。

普段人間の視点では見ることができないような視点で撮影できるというのはドローンの最大のメリットです。
普段見られない光景、しかし内装及び外観の良さを最大限発揮できるように撮影されたドローン空撮での映像はPRはもちろん、集客にもつなげる事ができる画期的な映像となります。
機体の使い分けによっては建物間の狭い通路をすり抜けるような、そんな迫力ある映像も撮影可能となっており、また一際違った映像制作が可能となります。
上昇する視点、加工する視点、鳥のように飛んで映像を収めるドローンしかできないことはたくさんあります。
いままでの空撮の概念を覆すようにより自由度の高い映像作成に役立っています。
コストが低くなったことにより、取り入れやすくなった空撮は最も情報量を多く取り入れることができる視覚から沢山の人に感動の映像を届けることに役立っています。
目を惹く映像はその地に行ってみたいという気持ちも煽るもの、それにより得られるものは大きいです。
同時にドローンを用いての撮影は人々の安全を守る産業としての役割も担っています。
社会のさまざまな分野で活躍しているドローン、いま挙げられたシーン以外にもまだまだ利用されるシーンは広くなるのが予想されています。